その後の手続き

葬儀後の手続き

葬儀後の手続きは、人的なもの、供養に関するもの、法的なものの3種類に分類できます。人的なものは、近所や故人の勤務先、お世話になった人、お寺などへの挨拶回りです。勤務先においては、個人の私物の整理・引き取りや給与・経費の精算などがある場合があります。葬儀後の供養は、初七日と四十九日が大きな区切りとなります。初七日は骨あげ時に繰り上げ法要されることが多いので、葬儀後は、すぐに四十九日法要の準備を行うことになります。(会場の手配やお寺への依頼、香典返しの発注など …

詳細を見る

記事ピックアップ