危篤からご遺体の搬送まで

良い葬儀社を選ぶポイントを知っていても、突然の不幸に直面すると葬儀が終わるまでどのように対応すればいいのか戸惑うものです。危篤から葬儀終了までの流れを簡単にご説明いたします。
 

1.危篤

病院から危篤の連絡を受けたときは、近親者などの合わせたい人に至急連絡を取ります。
早朝深夜にかかわらず、電話で連絡します。
 

2.臨終

末期の水(まつごのみず)を取ったのち、医師から死亡診断書を受け取ります。
病院の人が、ご遺体の全身をアルコールやお湯で拭き清めたのちご遺体は病室から霊安室に移されます。
遺族はすみやかに病室の整理をしてご遺体を引き取り準備をします。
 
※医師から死亡診断書を受け取ったら、死亡診断書の左側の死亡届に必要事項を記入して市区町村役所へ提出しなければなりません。死亡届は、故人になるべく近い親族が届出人となり、届出人の署名と捺印をして提出します。
死亡届の提出先は、死亡した人の本籍地、届出人の現住所、死亡した場所、のいずれかの市区町村役所の戸籍係です。一般には依頼する葬儀社が決まったら、葬儀社に手続きを代行してもらいます。
ちなみに、火葬、埋葬は死亡後24時間を経過しないと行うことができませんが、死亡届を出さないと火葬(埋葬)許可証が交付されず、実際に葬儀を行うことができません。
死亡診断書は、葬儀後の諸手続きに必要となりますので、役所に提出する前に必ずコピーをとって保管しておくようにします。
 
※自宅で亡くなった場合には
自宅で亡くなった場合は、至急主治医に連絡して来てもらうようにします。主治医から死亡診断書を受け取ります。
突然の死亡で特に主治医がいない場合は、警察に連絡して現場検証を行う必要があります。病気による自然死であることが確認されるまでは、ご遺体は動かせません。
 

3.ご遺体の安置

病院で亡くなった場合、どこにご遺体を運ぶか決めなければなりません。
ご遺体の安置場所としては、自宅か、葬儀社などのご遺体安置所があります。一般には自宅に連れて帰り、家族と最後の時間を過ごします。自宅が狭くて安置できない場合や近所の方に知られたくない場合は、葬儀社などのご遺体安置所に搬送します。
 

4.ご遺体の搬送

多くの病院には、その病院とご遺体搬送を契約している葬儀社がありますが、葬儀をこの葬儀社に頼む必要はまったくありません。その葬儀社には自宅までの搬送だけを依頼して、その後、葬儀を依頼する葬儀社を決めてもかまいません。
しかし、その葬儀社の安置場所を使用してしまうと、葬儀を断りづらくなってしまいます。
そのため、事前に葬儀を依頼する葬儀社を決めておいて、その葬儀社に搬送してもらった方がトラブルも費用も少なくて済みます。
 
※自宅に安置
ご遺体には死化粧(しにげしょう)をし、白の死装束を着せます。
ご遺体は、北枕(もしくは西枕)に安置し、顔を白い布で覆います。そばに小机を置き、線香、ローソク、花などを供えて枕飾りとします。僧侶に枕経をあげていただく場合もあります。

記事ピックアップ