お布施について

お布施とは、僧侶へ読経や戒名を頂いたお礼としてお渡しするものです。お布施の本来の意味は「他人に金品を施すこと」ですので決まった金額(相場)はありません。

葬儀・葬式の規模や内容によって額は違ってくるようですが、実際にいくら包めばいいのか分からない場合は、葬儀社・葬儀屋や寺院などに相談するとよいでしょう。

 

1.お布施の表書き

お布施の不祝儀袋は宗教を問わず、白無地のものか、白い封筒を使用します。

 

表書きは、宗教によって異なります。

・仏式では、お布施 御礼 読経料 御回向料

・神式では、御祭祀料 御礼 御神饌料 御榊料

・キリスト教では、献金 御礼

 

表書きの下段には喪主のフルネームを書きます。表書きに〇〇家と書いた場合は裏面にフルネームを書きます。

初めて方の場合は裏に住所・電話番号を記入します。

但し、金額は記入しません。

 

2.お布施以外に包むもの

・戒名料

仏式の場合、戒名をつけていただいた場合は、お布施とは別に戒名料を包みます。

※お布施の中に戒名料も含まれている場合は必要ありません。

 

・御車代

葬儀・葬式のために出向いていただいた場合は、お布施とは別に御車代を包みます。

 

・御膳料(神式・キリスト教式の場合は「御食事料」)

都合により宗教者がお食事の席に付けない場合は、お布施とは別に御膳料を包みます。

※御車代と御膳料を並べて記載して1つにまとめても問題はありません

 

3.お布施はいつ渡すか

お布施を渡すタイミングに特に決まりはありません。頃合いを見計らって渡したい時に渡してかまいません。

一般的には、葬儀・葬式の終了後か、宗教者がこられて最初に挨拶に行った際に挨拶と共にお渡しするのが多いようです。

 

4.お布施の渡し方

お布施を直接手渡すのではなく、お盆か、袱紗の上に置いて渡します。

渡す際は宗教者から見て正面になるように上下逆向きでお渡しします。

記事ピックアップ