葬儀の際の注意点

・訃報を受けたとき

故人や故人の近親者と親しい人は、できるだけ早く駆けつけるようにします。
一般の関係者は、逝去時の取り込み中は控えて、お通夜か葬儀時に弔問をするように心がけます。
親しい間柄でも、取り込み中の遺族に直接電話をかけて、お悔やみの言葉を述べるのは控えましょう。

 

・訃報を受けての弔問

訃報を受けて、取り急ぎの弔問をする時の服装は、地味なものであれば平服でも問題ありません。
その際は香典は持参せずに、通夜や葬儀に持参するのが一般的です。
取り込み中の遺族に配慮して長居は避けます。

 

・ご遺体との対面

親しい間柄の友人や会社関係者でも、ご遺体と対面するのは遺族からすすめられた場合だけです。
もし遺族に進められた場合は、まずご遺体の枕元(顔の位置)より少し下の位置に正座します。
一礼の後、遺族が白布をアゴの方から外したら膝をつけたまま近づき、畳に手をついたまま対面します。対面の後、合掌礼拝し、少し下がって遺族にも一礼します。

 

・お悔やみの言葉

お悔やみの言葉は、平凡な言葉でかまいません。声を落として、控えめに短く済ませます。病状などを詳しく聞くのは失礼です。
また、「死亡」「生きている時」などの直接的な表現は避けて、「ご逝去」「ご生前」「お元気な時」などの言葉に言い換えます。
忌み言葉※も避けましょう。※「たびたび」「重ね重ね」「再三」など不幸が続くことを連想させるような言葉
(例)
このたびは誠にご愁傷さまでございます。
心よりご冥福をお祈りいたします。
生前はたいへんお世話になりました。
本当に残念でなりません。

 

・弔電

お通夜や葬儀に参列できない場合は、速やかに弔電を打ち、お悔やみの気持ちを伝えます。
弔電のあて先は、喪主(または施主)になりますが、わからないときは「故○○様ご遺族様」とします。
遺族への電話でのお悔やみは避けるようにします。
(例)
ご逝去を悼み、心からご冥福をお祈りいたします。
ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。・訃報を受けたとき
故人や故人の近親者と親しい人は、できるだけ早く駆けつけるようにします。
一般の関係者は、逝去時の取り込み中は控えて、お通夜か葬儀時に弔問をするように心がけます。
親しい間柄でも、取り込み中の遺族に直接電話をかけて、お悔やみの言葉を述べるのは控えましょう。

 

記事ピックアップ