賢い葬儀場の選び方

良い葬儀社を選ぶポイントを知っていても、突然の不幸に直面すると葬儀が終わるまでどのように対応すればいいのか戸惑うものです。危篤から葬儀終了までの流れを簡単にご説明いたします。

葬儀前に注意すべきこと

日頃から葬儀について準備をされている方はめったにいらっしゃいません。たいていの方は、突然の不幸に直面すると平常心を失って落ち着かないまま、その後の対応を迫られることになります。親族に葬儀に詳しい人がいれば、的確なアドバイスを得られますが、核家族化が進んだ現代社会では、なかなかそれもかないません。結局、慌てて探した葬儀屋さんに勧められるまま葬儀を進行して、後々納得がいかない思いをされるケースも起こり得ます。
そんな後悔をしないように、葬儀屋さんを探す前に、最低限、以下のことは決めておきましょう。
1.葬儀の規模を決める(故人の社会的地位、交友関係、生前の意向、経済状況等から会葬人数を予想して、葬儀の規模を決めます。世間体や根拠のない親類の意見は気にしないようにしましょう)
2.葬儀の形態を決める(宗教・宗派の確認をしましょう。仏教、神道、キリスト教、その他の宗教をあるいは無宗教。それぞれ葬儀の形態は違います)
3.葬儀の場所を決める(葬儀の形態によって、自宅・寺院・斎場・集会所等、場所も変わってきます。予算との兼ね合いも考慮します)
4.葬儀の内容を決める(故人の生前の意向やイメージを勘案して祭壇や装飾を考えましょう。世間体や形式にこだわる必要はありません)
5.葬儀の予算を決める(葬儀の規模や内容、経済状況を考慮して無理のない予算を立てましょう)


以上の5つの方針を決めてから葬儀社を探しましょう。

葬儀前に注意すべきことの詳細を見る

葬儀の手順 その1

近親者の不幸は、突然の場合はもちろん、予め覚悟が出来ていても平常心ではいられないものです。
「その時」にどう対応すればよいのでしょうか?
危篤の連絡を受けたのち、臨終の場に立ち合い、ご遺体の安置・搬送という現実問題に対応しつつ、並行して葬儀の準備も進めていかなければなりません。
この時に、過去に葬儀の経験をされている親族の方、あるいは町内の世話役の方や経験豊富な葬儀社の方などのアドバイスを受けられると心強いのですが、現実にはなかなかそううまくいきませんので、ここでは、お通夜の前の納棺までの流れを簡単に解説いたします。

葬儀の手順 その1の詳細を見る

葬儀の手順 その2

納棺と並行して葬儀の準備も進めてきました。この後は、お通夜と翌日の葬儀・告別式という流れになります。
ここでは、仏式の一般的なお通夜と告別式の式次第をご説明いたします。
そして、告別式の後は、出棺、火葬、骨あげ、還骨法要を行い、精進落としを以て葬儀終了となります。
その後、事務引継ぎ等を行って、儀式としての葬儀は完了します。
ここでは、その過程を辿りながら、ポイントをご説明いたします。

葬儀の手順 その2の詳細を見る

その後の手続き

葬儀後の手続きは、人的なもの、供養に関するもの、法的なものの3種類に分類できます。

 
人的なものは、近所や故人の勤務先、お世話になった人、お寺などへの挨拶回りです。 勤務先においては、個人の私物の整理・引き取りや給与・経費の精算などがある場合があります。

その後の手続きの詳細を見る

記事ピックアップ